早く転職したいけれど希望の求人がない、という時の対処法とは

ニーズに合わせた転職活動を

 転職を決心してしまうと、一刻も早く希望の求人を見つけたいと思うものです。しかし企業にも事情があり、求人を出すにも退職者との兼ね合いがあるのです。一般的に、年末年始やゴールデンウィーク、夏休みなどは、メーカー系は連休に入ります。会社事態が機能していないので募集活動をしているところは少ないものです。一方、サービス系の企業では一般の人が休暇を取る時期が繁盛期となります。それに合わせて人材を確保したいと思うので、休暇前には求人数が増えるものです。

 

契約社員から正社員へも視野に入れて

 やりたい仕事があるけれど、契約社員しか募集していない・・と思うこともあります。しかし多くの企業で、契約社員として雇用して優秀な人材か判断してから正社員に登用するというシステムにしているところがあります。まずは面接を受けて、正社員への登用の可能性と実績があるのかを訊いてみると良いでしょう。

 

エリアを考える

 転職をする場合、どうしても働き慣れたエリアや、都心で求人を探したいと思うものです。しかし最近では大企業は土地代の安い郊外に移転することも多くなっています。求人検索をする際には、通勤圏内であっても今まで考えてはいなかったエリアも含めて探してみると、意外とヒットすることもあるものです。


このページの先頭へ戻る